MENU

GAME REPORT

  

桜丘 vs 福岡第一

開催場所 武蔵野の森総合スポーツプラザ コミッショナー
試合区分 男子準決勝 クルーチーフ 片寄 達
開催期日 2018年12月28日(金) 1st/2ndアンパイア 伊橋 隆浩 / 谷古宇 孝
開始時間/終了時間 15:20 / 16:54
開催場所 武蔵野の森総合スポーツプラザ
開催期日 2018年12月28日(金)
試合区分 男子準決勝
コミッショナー
クルーチーフ 片寄 達
1st/2nd
アンパイア
伊橋 隆浩 / 谷古宇 孝
開始時間/終了時間 15:20 / 16:54

ゲームレポート

桜丘72 72 26 1st 26 103 福岡第一103
22 2nd 20
9 3rd 31
15 4th 26

【総評】
4年ぶりのウインターカップで再び準決勝の舞台に立った桜丘と、2年ぶりの優勝を狙う福岡第一の一戦。序盤、福岡第一は激しいディフェンスからファストブレイクを量産、スタートダッシュに成功する。しかし、桜丘#7富永を止めることができず、第1クォーター終盤に逆転を許す。その後、一時は逆転するが、再び#7富永に3Pシュートを決められ48-46で前半を折り返す。迎えた第3クォーター、福岡第一がディフェンスで桜丘を大いに苦しめ得点を許さない。逆にターンオーバーから得点を量産し、一気に差を広げる。このディフェンスに桜丘は最後まで苦しみ、後半は僅か24点に抑えられてしまう。最終的に103-72で福岡第一が桜丘を破り、優勝に王手をかけた。

【第1クォーター】
序盤から福岡第一自慢のディフェンスが桜丘に襲い掛かる。激しいプレッシャーをかけて相手のターンオーバーを誘い、2分で0-9に。対する桜丘は、序盤こそ苦しんだものの、終盤#7富永の4連続3Pシュートを含む計6本の3Pシュートを決めて一気に同点に追いつく。逆に福岡第一はオフェンスのリズムが悪くなり得点が伸びず、26-26の同点で第1クォーター終了。

【第2クォーター】
福岡第一#24松崎がミドルレンジのジャンプシュートで得点していくと、桜丘#7富永も負けじとジャンプシュートで応戦。互角の戦いを繰り広げる。そんな中、福岡第一は#10古橋が3Pシュートを決めてリードを奪う。しかし、桜丘#7富永が再びシュートを決めて再逆転し、福岡第一の前にたちはだかる。福岡第一は#13神田がブザービーターを沈めるも、追いつくことはできず、48-46、桜丘が僅かなリードを奪って第3クォーターへ。

【第3クォーター】
後半開始早々、福岡第一は#7富永を#10古橋らが密着マーク、これが功を奏し、桜丘の得点がピタリと止まってしまう。その間に福岡第一はスティールから得意のファストブレイクを量産し#8河村や#60スティーブらが得点を重ねて、桜丘を突き放す。どうにかして得点したい桜丘はエース#7富永にボールを託すが、福岡第一のディフェンス相手に前半のようには得点することができない。福岡第一がこのクォーターだけで31-9の驚異的なスコアを記録して77-57として第3クォーター終了。

【第4クォーター】
福岡第一は#8河村、#24松崎を中心に堅実な試合運びを見せる。そして#60スティーブがインサイドで得点し、桜丘にとどめを刺しにかかる。対する桜丘は#10リバスが一人気を吐き食い下がるも、最終的に福岡第一が103-72の大差をつけて桜丘に勝利し、2年ぶりの優勝に王手をかけた。

page top