MENU

GAME REPORT

  

県立津幡 vs 岐阜女子

開催場所 武蔵野の森総合スポーツプラザ コミッショナー
試合区分 女子準決勝 クルーチーフ 中嶽 希美子
開催期日 2018年12月27日(木) 1st/2ndアンパイア 塩谷 禎 / 細田 知宏
開始時間/終了時間 11:43 / 12:58
開催場所 武蔵野の森総合スポーツプラザ
開催期日 2018年12月27日(木)
試合区分 女子準決勝
コミッショナー
クルーチーフ 中嶽 希美子
1st/2nd
アンパイア
塩谷 禎 / 細田 知宏
開始時間/終了時間 11:43 / 12:58

ゲームレポート

県立津幡70 70 12 1st 28 86 岐阜女子86
16 2nd 14
22 3rd 26
20 4th 18

【総評】
高校総体・準々決勝の再戦となった県立津幡と岐阜女子の女子準決勝。高校総体では岐阜女子が82-61で勝利したが、ウインターカップでも岐阜女子が県立津幡を序盤から圧倒。伝統の固いディフェンスと、インサイドを中心としたバランスの良いオフェンスで得点を重ねる岐阜女子に対し、県立津幡も夏からの成長と、持ち前の粘り強さで必死に食らいついていく。しかし最後まで攻守で走った岐阜女子が86-70で勝利し、2年ぶりの決勝戦進出を決めた。

【第1クォーター】
#8エスターチカンソのリバウンドシュートで先制した岐阜女子だったが、県立津幡も#10中道のリバウンドシュートで対抗する。序盤こそお互いがシュートを決めきれない展開となったが、徐々に岐阜女子がゲームのレベルを引き上げていく。岐阜女子#4池田がバスケットカウントの3ポイントプレーを成功させると、#6安江もジャンプシュートで続いて8-17とする。県立津幡はタイムアウトでその悪い流れを断ち切ろうとするが、岐阜女子の固いディフェンスの前にリズムをつかみきれない。岐阜女子はオフェンスでもポストプレーやドライブで得点を重ねていき、12-28で第1クォーターを終える。

【第2クォーター】
県立津幡は立ち上がりに#12高本がジャンプシュートを決めて追い上げムードを作るが、岐阜女子がディフェンスのレベルを再び引き上げると攻め手を封じられる。一方の岐阜女子は速攻から#9林がレイアップシュートを決めると、#18島田、#15佐藤の3ポイントシュートでリードを広げていく。リズムを掴みきれない県立津幡だったが、中盤に#10中道がリバウンドシュートを決めると、それをきっかけに#11小山が連続シュートを決めて流れを生み出す。最後も#11小山がドライブをねじ込んで28-42で前半を折り返す。

【第3クォーター】
#8エスターチカンソの高さを生かし、徹底的にインサイドへボールを集めてくる岐阜女子に対し、県立津幡は#9仲谷の1対1、#11小山のジャンプシュートなどで食らいついていく。#12高本のワンマン速攻や#10中道のポストプレーも決まるが、岐阜女子の固いディフェンスを崩しきるまでには至らない。さらに岐阜女子は#4池田が1対1で連続得点をあげて、県立津幡に流れを渡さない。それでも県立津幡は#10中道がポストプレー、ジャンプシュート、リバウンドシュートと3連続でシュートを決めて、点差を縮めていく。しかし最後は#5木下のドライブなどでリードを広げた岐阜女子が50-68で第3クォーターを終える。

【第4クォーター】
序盤は県立津幡が#10中道、#8赤穂のジャンプシュートなどで追い上げるが、岐阜女子も#6安江のジャンプシュート、#9林の3ポイントシュートでしっかりと返していく。中盤、お互いがシュートを決めきれないなかでも岐阜女子は#9林がルーズボール、リバウンドでチームの流れを継続させていく。なんとか逆転への道を切り開きたい県立津幡はタイムアウトを使って対策を講じると、#10中道がバスケットカウントの3ポイントプレー、1対1など3連続で得点をあげる。#4清水の3ポイントシュートも決まるが、序盤からのリードを守り抜いた岐阜女子が70-86で県立津幡を下した。

page top