MENU

『SoftBank ウインターカップ 2018』3日目 女子8強、男子16強が決定!

12月25日 (火)、「SoftBank ウインターカップ 2018 平成30年度 第71回全国高等学校バスケットボール選手権大会」は3日目を終え、女子は8強、男子は16強が出揃いました。

接戦続きとなった女子3回戦は、初戦から精華女子 vs 八雲学園は延長戦にもつれ込みます。接戦の末、86-82で八雲学園が勝利しました。高知中央78-77県立四日市商業で1点差で勝った高知中央は初のベスト8進出を決めています。インターハイを制した桜花学園に対し、浜松開誠館は好ゲームを見せましたが65-71で敗れ、あと一歩及びませんでした。逆に3回戦で唯一、100点ゲームのダブルスコアで圧倒した昭和学院は、準々決勝で桜花学園と対戦します。

女子準々決勝 対戦カード
桜花学園 vs 昭和学院
八雲学園 vs 大阪薫英女学院
高知中央 vs 県立津幡
京都精華学園 vs 岐阜女子

男子は2回戦に突入し、シード校が登場しました。インターハイを制した開志国際は正智深谷に101-79で勝利し、ウインターカップ初勝利を挙げています。昨年の優勝校・明成、一昨年の優勝校・福岡第一、インターハイ準優勝の中部大学第一など優勝候補チームは順当に勝ち上がり、3回戦に臨みます。

4面マルチコートで行われるのも明日12月26日(水)が最後となります。メインコートに立つ権利を懸け、女子準々決勝と男子3回戦が行われます。明日から第1試合は10時スタート、開場時間は9時を予定しています。メインコートとなる12月27日(木)以降は、すでに売り切れとなった券種もあります。良席はお早めに前売りチケットでの購入がお勧めです

バスケットLIVEJ SPORTSでは全試合生中継でご覧いただけます。また、BS朝日では12月28日(金)12:20〜女子決勝戦、12月29日(土)12:00〜男子決勝戦は生中継されます。会場に来られない皆様も、ぜひ各地を代表するチームへのご声援をよろしくお願いします。

page top